軽貨物運送業で利益を得たら確定申告!その方法を徹底解説!

軽貨物運送業は本業で取り組む人もいれば、空いた時間に副業で取り組んでいる人もいるなど、様々な働き方が可能な点もメリットの一つです。
しかし、本業であれ副業であれ利益を得たら確定申告を行わなければなりません。
既に自営業やフリーランスとして働きつつ、副業で軽貨物運送を行う人であれば確定申告は毎年行っているものなので決して難しいものではありません。
しかし初めて確定申告を行う場合、少々手間取ってしまうことでしょう。
そこで確定申告について、様々な点から解説していきますのでご覧ください



確定申告が必要なケース


軽貨物運送業を本業で、かつ業務委託にて取り組む場合、個人事業主となりますので基本的には確定申告が必要になります。
また、会社組織に所属しつつ副業で軽貨物運送業を行う場合だと、年間の所得が20万円以上で確定申告が必要になります。
年間の所得が20万円未満であれば確定申告は必要ありませんが、現実的に、軽貨物運送業によるお仕事で年額20万円以上という数字は決して難しいものではありませんので、基本的に確定申告は行うべきものだと認識しておきましょう。



確定申告って本当に必要なの?


確定申告は自ら行うものです。
そのため、後回しにしてしまったり、あるいは忙しくて気付けば確定申告期日を過ぎたり。
しかし、翌年度の住民税や保険料は確定申告に基づいて設定されるものですし、やはり社会人の義務として確定申告は必要なものです。
また、賃金から源泉徴収が引かれている場合、払い過ぎていた源泉徴収が戻ってくるケースもあるんです。
例えば年間の所得が500万円であれば、源泉徴収でおよそ50万円程引かれている計算になります。
確定申告を行うことで、一般的な目安として20万円ほど返ってくる可能性があります。


面倒な作業ではありますが、自分のためにもしっかりと確定申告を行うことが必要なんですね。




白色申告と青色申告


確定申告には白色申告と青色申告の二種類が用意されています。
いずれも得た所得、かかった経費、保険料等を記入した書類を作成し、税務署に提出する点は同じですが、10万円/55万円/65万円のいずれかの控除を受けることが可能です。
白色申告と比較すると、青色申告は勘定科目が細かく設定されていますが、近年は会計ソフトも多数登場していますし、青色申告の場合、純損失の赤字を3年繰り越せる点や、家族の給与を必要経費にできるメリットがあります。
ちなみに青色申告を受けるためには税務署に申告するのみとなっていますので、軽貨物運送業を行うのであれば、青色申告での確定申告がおすすめです。



確定申告で計上する経費とは?


確定申告では、稼いだお金(売上)とお金を稼ぐために使用したお金(経費)を差し引いた「所得」を算出します。
所得が次年度の税金や保険の基本になる金額になりますので、経費が多ければ多いほど、所得が減り、節税効果が高まりますが、業務によって認められる経費が異なります。
そこで軽貨物運送業にて認められる経費をいくつかご紹介しましょう。


自動車にかかった費用


自動車の取得費用、税金、車検や修理費用、パーツの費用やガソリン代、駐車場料金といった自動車に関連する費用が、確定申告の際、経費として申請が可能です。
経費とは仕事に関連する物に対して発生する費用です。
軽貨物運送業の場合、車がなければ仕事になりませんので、車に関連する費用は基本的に経費として認められます。


他にも業務にて使用する費用


経費とは「仕事のためにかかったお金」だと考えることができます。
そのため、事務用品や差し入れ、自宅兼事務所の家賃や電気代、電話料金といった様々な費用が経費となります。



経費として認められる割合は仕事によって異なる


確定申告にて計上・提出した費用が全て費用として認められるとは限りません。
税務署がチェックし、問い合わせてくるケースもあります。
例えば軽貨物運送業の場合、自宅を事務所にしているからと、家賃の全額を経費に計上しても、認められる可能性は低いです。
なぜなら自宅では仕事だけを行っているのではなく、日常生活、つまりは仕事以外でも使用していることが考えられます。
例えば自宅ではなく、事務所として使用する物件を借りた場合、その費用は経費として計上できるでしょう。なぜならその物件は仕事のための物件だからです。
しかし自宅の場合、仕事以外の時間もありますので、家賃の全額が経費として認められるのではなく、仕事に応じ、経費として認められる割合が変わります。


確定申告のために領収書・レシートは必ず保管しておく


軽貨物運送業を開始したら、領収書やレシートは必ず保管しておきましょう。
例えば仕事中にコインパーキングを使用した場合、その費用も経費になりますが、経費として認めてもらうために領収書・レシートが必要になります。



税理士に依頼すべきか自分で行うべきか


確定申告は税理士に依頼した方が確実性があり、かつ手間がかかりません。
領収書・レシートの確認、帳簿付けなど、税理士に丸投げできます。もちろん費用はかかりますが、手間がかからない点がメリットです。
自ら確定申告を行う場合、手間がかかります。
ただし、近年は確定申告アプリも多数登場していますので、かつてと比べると手間は簡略化が可能ですが、経費割合等、税理士に相談した方が確実性が高いものもあります。



軽貨物運送業を行うのであれば確定申告も考慮しなければならない


軽貨物運送業を行う際の確定申告について、いくつかの点から解説させていただきました。
白色申告や青色申告、さらには経費など、初めて確定申告に挑む際には悩むことも多々あるでしょう。
しかし確定申告は慣れてしまえば決して難しいものではありませんし、確定申告アプリを活用することで手間も軽減できます。
税理士に依頼することなく、自ら行うことも決して不可能ではありませんし、実際に自ら行っている自営業者・フリーランス・個人事業主もいます。
次年度の税金等を決める大切なことなので、白色であれ青色であれ確定申告は必ず行いましょう。



軽貨物運送業を考えている人はGMSリースがおすすめ!


現在、軽貨物運送業を考えていて、車両の調達に困られている方は弊社のGMSリースがおすすめです! 私たちが他のリースと違う点は3点!
・黒ナンバー登録をラクラクおまかせ!
・独自の与信補強システムで続々審査通過!他社様で通過されなかった方も是非弊社にお申し込みください。
・新車・中古車の軽バンリース&所有が業界最安級!


プラン一覧と簡単お申し込みはこちらから!



前へ

【2021年10月】正直、アマゾンフレックスで働くのってどう?-お仕事内容やメリット・デメリットをご紹介-

次へ

Amazonフレックス(軽配送)のお仕事で荷物を早く配るには!?コツを徹底解説!