Amazonフレックス(軽配送)のお仕事で荷物を早く配るには!?コツを徹底解説!

本人名義の軽貨物車両とスマートフォンさえあれば気軽に始めることができるアマゾンフレックスは、Amazonという世界的企業がもたらす安心感、そして取り扱い物量の多さから、安定した収入が見込める点がメリットですが、より効率よく稼ぐためにはいくつかのポイントがあります。 そこで、どのようなポイントがあるのかをチェックしておきましょう。

Amazonフレックスの配送ってどのくらい運ぶの?(オファーをたくさん取るにはどのくらい?)

安定して稼ぐためにはオファーがポイントです。
如何にして好条件のオファー(優先オファー)を獲得できるかこそ、Amazonフレックスで効率よく稼ぐための方法になりますが、オファーを狙っているのは自身だけではありません。 他のAmazonフレックス配送者もまた、できればよい条件でのオファーを狙っています。 基本的には地域に対応したオファーが提示されるのですが、Amazonフレックスは実績に基づいたオファーを出しています。
つまり、新規で登録したドライバーより、実績のあるドライバーに良いオファーが出る傾向がありますので、当初は報酬よりも信頼感のために、受けられるオファーを受けましょう。 オファーを着実にこなすことで、Amazonフレックスからの信頼を獲得し、よりよいオファーが得られます。
ちなみに1時間でおよそ10個前後配達できるオファーとなっており、配達エリアや状況等によって個数は変動しますがAmazonのシステムにより、ほぼ指定時間に終わるよう計算されています。

 

 

Amazonフレックス(軽配送)で早く運ぶメリットって?

Amazonフレックスにて荷物を早く運ぶことで得られるメリットがいくつかあります。

実質的に時給が高くなる

まずは単純な話ですが、速く運んだ方が時間効率が高まりますので、実質的に時給が高くなると考えることができます。 例えば10個の荷物のオファーを2,000円で受けたとします。 1時間で終えれば時給は2,000円換算ですが、30分で終えれば倍の4,000円換算です。
このような時間効率を高める点こそ、早く運ぶメリットと考えてよいでしょう。

Amazonからの評価が高くなる

早く運ぶことでAmazonから高評価を得られます。 もちろん「早く、無事故で」が原則ではありますが、早く配達をこなすことで、Amazonから「早く配達できるドライバー」との評価を受けます。 定期的にAmazonが想定する時間よりも短時間で終えることができれば、アマゾンフレックスからの評価が高まり、優先オファーを受けやすくなります。
結果、より高収入を得られるチャンスが広がります。

Amazonフレックス(軽配送)で荷物を早く運ぶには?

Amazonフレックスで荷物を早くメリットは短期的にも長期的にも素晴らしいものですが、では実際に荷物を早く運ぶためには何を心掛けるとよいのでしょうか。 テクニカルな部分になりますが、これらを実践することで、短時間での配達が可能になります。

住所を把握しての積み荷

どこにどの荷物を運ぶかは、実際にオファーを獲得し、稼働してみなければ分からない部分です。
そこで、担当するブロックに関してはある程度住所を把握しておくことが好ましいです。 その点では、毎回同じエリアのブロックを担当した方が良いでしょう。 住所を把握することで、効率の良い積み荷が見えてきます。
理想は、届ける順番に手前に荷物を置くことです。 大きさ等の兼ね合いもありますので難しい部分もあるでしょう。 しかし、車を停車させてから「あの荷物はどこだっけ」と探したり、あるいは奥にある荷物を取り出すより、常に一番手前の荷物を出してすぐに運べる状態を作ることができれば、効率の良い配達が可能です。
仮にですが、1時間で10個配送するとして、車を停車させてから1個あたり2分荷物を探す場合と20秒で探せる場合とでは、1個あたり100秒、1時間換算でおよそ16分も変わります。
住所を把握していれば、ブロックを見て配達ルートから逆算し、積み荷が行えるようになりますので、住所の把握、そして積み荷テクニックを磨きましょう。

駐停車ポイントを抑えておく

配達で時間がかかる点として、駐停車ポイントの選定が挙げられます。
一軒家であれば家の前で良いのですが、マンションの場合、駐停車ポイントがなかなか見つけられず、時間がかかってしまうケースがあります。 そこで、マンションの場合、駐停車ポイントを把握しておきましょう。 事前に地図アプリ等でチェックしておくのもよいでしょう。 仮にですが、10か所回るとして、場所の選定に数秒しかかからない場合と、2分かかる場合とでは、この部分だけで1時間あたり15分ほどの差が生じます。

焦らない

心理的な面になりますが、早く配達したいからと焦ると、かえってミスをしたり、あるいは焦りから粗雑な配達となってクレームを受けてしまい、結局は自身の評価が下がってしまう可能性もあります。
例えば焦って適当な場所に駐車したことで、駐禁を取られてしまって却って時間がかかるようでは本末転倒です。 また、焦りから車から玄関まで走った結果、荷物を落として壊してしまったりといったケースもあります。
他にも速度超過、連絡の不備等、焦りによってミスをしてしまうケースは案外多いです。 焦る気持ちはよく分かりますが、焦ることでかえって時間がかかってしまうようでは意味がありません。
焦るのではなく、焦らなくとも時間を短縮できるよう、上記二点を守ることが大切です。

いかがでしたか?
Amazonフレックスを今考えている方も既にAmazonフレックスドライバーの方も、少しでも早い配達のイメージが湧いたのではないでしょうか。
慣れないうちは大変かもしれませんが、軽配送のお仕事は正確さだけでなく時間との勝負も大きな鍵になってきますので
是非コツを習得して、早く優先オファーをもらえるように頑張りましょう♪

アマゾンフレックス挑戦する!と決めたけど、車両が入手できない、黒ナンバー登録めんどくさい!などと言う方は是非弊社のGMSリースをご活用ください☆

私たちが他のリースと違う点は3点!
・黒ナンバー登録をラクラクおまかせ!
・独自の与信補強システムで続々審査通過!他社様で通過されなかった方も是非弊社にお申し込みください。
・新車・中古車の軽バンリース&所有が業界最安級!

プラン一覧と簡単お申し込みはこちらから!

前へ

軽貨物運送業で利益を得たら確定申告!その方法を徹底解説!

次へ

軽貨物配送の車両点検・車両トラブルと対処法を解説!一級整備士にインタビュー!