物流ドライバーのお仕事って女性に向いてるの?

個人事業主として気軽に配送の仕事が始められるAmazon Flexの広まりや、
新型コロナウイルス感染拡大を受けたオンラインショッピング普及に伴う宅配便取扱個数の増加など、
配送のお仕事は私たちにとって身近なものとなりました。

配送ドライバーの需要が高まり、新しく配送業を始めてみたい!と思っている方も多いと思います。


しかし、物流業界のお仕事は男性が活躍しているイメージが強く、
物流業界で働くのはハードルが高いと思っている女性の方も多いのではないでしょうか?
この記事では、「軽配送のお仕事を始めたい!でも出来るか不安…」と感じている女性向けに、
実際の女性ドライバーの声や、女性も物流業界で活躍できる理由について紹介していきます!


女性が活躍する軽配送のお仕事とは

これまで物流業界で働いた経験がない女性にとって、
軽配送ドライバーのお仕事内容は想像しづらいかと思います
そこでまずは、軽配送ドライバーのお仕事内容と、
女性が活躍している配送のお仕事とは何か?ということについて説明します!

軽配送ドライバーの仕事内容とメリット

軽貨物配送では、軽貨物(軽バン)や軽トラックを用いて、様々な荷物をお客様のご自宅まで荷物を運びます。
運ぶ荷物は、個人消費者がネットショッピングやフードデリバリーサービスで購入したモノ、
企業や会社が注文した消耗品などです。

基本的にお仕事は一人で行うので、自分のペースで働くことができ、
働く時間や働き方にある程度自由があるのが軽配送ドライバーのお仕事のメリットです!
また、個人の裁量が大きい分、頑張り次第で大きな収入に繋げられるお仕事でもあります。

女性が活躍している配送のお仕事とは?

それでは、女性の配送ドライバーは実際にどのようなお仕事を行い、物流業界で活躍をしているのでしょうか?

①ルート配送
ルート配送とは、企業や業者から指定された荷物を、取引先などの決められた場所に届ける配送のことです。
運ぶ荷物と配送先が固定されており、毎回同じルートを走るのがルート配送の大きな特徴です。
ルート配送は近距離を回ることが多く、長距離輸送で体力的にキツいということも少ないため、
女性にも向いているお仕事です。
実際にルート配送ドライバーとして活躍している女性ドライバーも多くいますよ!

②Amazon FlexやPick Goなどの個人事業主
Amazon FlexもPick Goも、ドライバー募集中の案件から自分に合うものを見つけて仕事をとるスタイルです。
適切な仕事量・荷物量の案件を選ぶことができるので、
忙しくても自分のライフスタイルに合った条件を選んで軽配送ドライバーとして活躍することが可能です♪


軽配送ドライバーが女性に向いているワケ

とはいえ、やはり女性が物流業界で働くことへの不安は大きいですよね。
そんな不安を抱える女性に向けて、女性でも軽配送ドライバーとして活躍できるその理由を紹介します。

理由その1:運びやすい荷物が多い

理由の1つ目は、軽配送で取り扱う荷物は女性にも運びやすい大きさ・重さであるということです。
軽配送のお仕事は、軽バン車両を使って仕事をするので、積み込む荷物も比較的小型で軽量という特徴があります。

軽バンを使った配送で最も主流な宅配では、お客様がAmazonや楽天などのネットショッピングで購入したものをご自宅まで運びます。
日常的にこれらの通販サイトで購入するものをぜひ想像してみてください。
洋服や日用品など、小型~中型の荷物であることがほとんどですよね。

軽配送ドライバーとして働く際に運ぶ荷物も、女性でも無理なく運べるサイズであることが多いため、
体力に自信のない女性も軽配送ドライバーとして働くことができると言えます!

理由その2:普通免許で働ける

2つ目の理由は、軽バンの運転は大型免許が不要で、普通免許を持っていれば運転できるという点です!
前述した通り物流ドライバーというと、ハードルが高いイメージで、
大型免許での長距離輸送を思い浮かべる方も多いかと思います。
長距離輸送は体力も運転の技術も必要なので、大型トラックを使って仕事をするのは、
女性にとってなかなか難易度が高く、始めやすいお仕事とは言い難いですよね。

しかし、軽配送ドライバーは大型免許を持っていなくても大丈夫!
普通免許をお持ちなら、あとは必要に応じて黒ナンバーと軽バン車両を用意するだけなので、
長距離ドライバーに比べるとハードルの低いお仕事なんです。


理由その3:女性でも働きやすい環境づくりが進められている

もうひとつの理由は、現在物流業界では女性が働きやすい環境づくりが進められているということです。
これまでの物流業界は、女性であることを理由に就業を断られる、職場の女性用トイレが整備されていない等の問題点がありました。
他の業界と比べても女性の比率が低い物流業界・運送業界ですが、そんな業界のイメージ改革を図るとともに、
女性が働きやすい環境を整えるため、国土交通省が「トラガール促進プロジェクト」というものを打ち出しているんです。

▶「トラガール促進プロジェクト」
https://www.mlit.go.jp/jidosha/tragirl/

「トラガール促進プロジェクト」の一環として行われている取り組み例としては、
・フォークリフトやロボットの導入
・女性専用トイレ/女性用ロッカーの設置
などがあります。

女性が働きやすい職場環境が整えられるとともに、活躍が期待されるドライバー未経験の女性に向けた様々な取り組みも行われているので、
職場環境や働きやすさに不安を持っている女性も安心してお仕事をすることができますよ♪


実際の女性ドライバーたちの声

実際に物流業界で働く女性の声が気になるところですよね。
最後に、軽配送ドライバーとして働き活躍されている女性のリアルな声をご紹介します!
今回インタビューを実施したのは、軽配送ドライバーとしてAmazon Flexに登録し働く、40代大阪在住のAさんです。

軽配送ドライバーを始めた理由

・元々配送に興味があったが、大型免許を取りに行く時間がなく、軽配送ドライバーは大型免許が不要だったから。
・Amazon Flexの場合、個人事業主として働くことができ、自分の時間に合う仕事の仕方ができるから。

働いてみた感想

・家具や大型家電のような重い荷物を任されることは少ないので、体力的に困ることは少ない。
・女性も一定数いるので、安心して働ける。
・最初は大変だったが、コツをつかみ効率よく配送ができるようになった。
・プライベートと両立できている。

困りごとや悩み

・やはり男性ドライバーが多いので、男性のコミュニティができあがっている。
・個人のペースで働く分、ドライバー仲間はできづらい。

Aさんは個人事業主として軽配送のお仕事を始められたため、始めは慣れるまで少し時間がかかったようですが、
今は自分の生活にあったフレキシブルな働き方で月30万円以上の報酬を得られているようです。

まとめ

この記事では、女性でも軽配送ドライバーとして働ける理由や、実際に軽配送ドライバーとして働く女性たちの声をご紹介しました!

物流業界における女性ドライバーの割合はまだまだ低く、女性にとっては馴染みの薄いお仕事ではありますが、「物流業界で働いてみたい!」「軽配送ドライバーをやってみたい!」と思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね♪

軽貨物運送業を考えている人はGMSリースがおすすめ!

現在、軽貨物運送業を考えていて、車両の調達に困られている方は弊社のGMSリースがおすすめです!
(2022年5月までキャッシュバックキャンペーン実施中の短期リースをご希望の方はこちら。)

私たちが他のリースと違う点は3点。
・黒ナンバー登録をラクラクおまかせ!
・独自の与信補強システムで続々審査通過!他社様で通過されなかった方も是非弊社にお申し込みください。
・新車・中古車の軽バンリース&所有が業界最安級!


前へ

軽配送ドライバー70人に聞いた!軽貨物配送のお仕事って実際どうなの?